帯や和装小物は買い取ってもらえる?

コンディションで変わる帯の売却方法

最近は持ち込みだけでなく、宅配や出張など、さまざまなスタイルで着物を買い取ってくれるリサイクル業者も増えています。着用しない着物を処分する人も少なくありません。
そこで気になるのは、着物以外の和装小物です。特に帯は着物同様に高価な物が多く、正絹の袋帯や丸帯なら無名作家のものであっても10万前後~30万円程度はする場合も珍しくありません。
帯の場合には、こうした素材のしっかりしたコンデョションの良い袋帯などが買取の主流のようですが、作家ものであればかなり高価な金額での買取も期待出来ます。
これとは違い、キズや色褪せがある場合には、帯としての買取はやや難しい場合が多いですが、崩すことによって端切れや人気のハンドメイド雑貨として高価での販売も可能です。

草履やバッグは礼装用の需要が高い

一方、草履やバッグ、帯揚げなどの小物の場合にはタイプによって分かれるようです。普段用として用いる草履やバッグなどは、使用感がある場合はなかなか買取は難しい傾向が見られます。
しかし、礼装用の場合には、使用頻度が少なさからコンディションの良いものが多く、高値での買取が期待出来るものもあります。新品での購入時の価格にもよりますが、デザイナーものの礼装セットであればある程度の高値も期待出来ます。これは弔辞用のセットも同様です。
これに対して帯揚げや帯締めといったものの場合には、なかなか買取は難しいようですが、箱が揃っていたり、未使用のものはある程度の価格で買取される場合もあります。また、数がまとまっているのも有利です。

© Copyright Kimono For Her. All Rights Reserved.